Pythonの開発環境(IDLEとPyCharm)について

当社が普及を推進している「Pythonで仕事自動化」において、推奨している Python の開発環境は以下の2つです。

  • IDLE(Pythonに付属)
  • PyCharm(Community Edition:無償版)

まずはIDLEでプログラミングをすぐに始める

Python をインストールしたらすぐにコーディングを始めたいので、はじめは必ず IDLE を使ってください。IDLE は Python と一緒にインストールされています。

IDLEのエディタを使用したPythonプログラミング

PyCharm は、IDLEと比べてとても高機能なため、使い方を覚える必要があります。まずは、IDLEでコーディングに集中してください。最初のつまずきを極力防ぎます。

慣れたらPyCharmに乗り換える

そのまま、IDLEを使い続けても大丈夫ですが、コードの補完など便利な機能がある PyCharm を使いこなすとコーディングが楽になります。IDLE を使っていて、少しかったるいな、と感じてきたら乗り換えを検討してください。 IDLE に慣れていれば、開発のプロセスが理解できているので、スムーズに PyCharm に移行できます。

開発環境には他に、Atom、Spyder、Visual Studio Code、Sublime、Emacs、Vim、Visual Studio 2015 など、いろんな選択肢があります。実は、この中から選ぶのは相当悩みます。なぜなら、Python 以外の何に使うかで決まってしまうからです。すなわち、Python以外の方針を決めなければならないのです。ですから、そこで時間をロスせずに、Python に特化した PyCharm で Python の腕に磨きをかけてください。

そこで、以下では PyCharm のインストール方法(Windows)を説明します。

この記事の目次

Python のインストール

まずは Python をインストールします。以下の当サイトのページを参考にインストールしてください。インストール済みの場合は、そのまま PyCharm のインストールに進んください。

https://gammasoft.jp/python/python-install-on-windows/

PyCharm のインストール

1. PyCharm のダウンロード

以下の JetBrains 社のダウンロードサイトを開いて、Windows の Community の方の「DOWNLOAD」をクリックしてください。

https://www.jetbrains.com/pycharm/download/#section=windows

pycharm download

JetBrains 社とは

Javaの総合開発環境(IDE)の IntelliJ IDEA で有名なチェコのソフトウェア企業です。IntelliJ IDEA は、グーグルの Android Studio のベースに採用されています。とてもクオリティの高い製品を開発する技術主導の企業です。

デスクトップにとりあえず保存します。以下のサイトで、今後お知らせを希望する場合は、メールアドレスを入力しますが、ここでは入力せず先に進みます。

pycharm download file save

2. PyCharm のインストール開始

デスクトップに保存したインストーラーをダブルクリックして実行します。

pycharm install file

以下のような、セキュリティの警告が表示されたら、「実行」をクリックします。

pycharm install alert

さらに「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログが表示されたら、「はい」をクリックします。

以下の画面が表示されたら、「Next」をクリックします。

pycharm install start

次に以下の画面が表示されるので、そのまま「Next」をクリックします。今回の例では、433MBの容量を使用します。

pycharm install location

以下の画面が表示されてたら、チェックをしないで、そのまま「Next」をクリックします。

pycharm install options

「Install」をクリックして、インストールを開始します。

pycharm install

以下の画面のようにインストールが開始されます。

pycharm installing

以下の画面が表示されたら、インストール終了です。「Finish」をクリックしてダイアログを閉じてください。デスクトップ上に保存したインストーラー(pycharm-community-*.exe)はもう削除しても構いません。

pycharm install finished

PyCharm で Hello World!

早速 PyCharm を使って、お決まりの Hello World! を出力するプログラムを作ってみます。

1. PyCharm の起動

スタートメニューから JetBrains PyCharm Community Edition を選択して起動します。

pycharm start

はじめての起動時には、以下のように設定を引き継ぐかどうかを尋ねる画面が表示されます。今回はバージョンアップではないので、画面のように下の方を選択した状態で「OK」をクリックします。

pycharm import settings

問題がなければプライバシーポリシーに同意する「Accept」をクリックします。

pycharm accept plivacy policy

キーマップや画面テーマを選択する画面が表示されます。ここでは、デフォルトのまま「OK」をクリックします。

pycharm config

2. プロジェクトの作成

PyCharm はプロジェクト単位でプログラムを管理します。プロジェクトというと分かりにくですが、要はディレクトリで管理します。つまり、1つのディレクトリのなかに、関連するプログラムやファイル・フォルダを作成しながら開発を進めます。

以下の画面で「Create New Project」をクリックしてください。

pycharm create project

以下の画面が表示されたら、今回は HelloWorld を入力して「Create」をクリックしてください。つまり、C:¥Users¥Taro¥PycharmProjects¥HelloWorld ディレクトリにプログラムを作成します。

pycharm create project

PyCharm が起動し、以下のようなTip of the Day ダイアログが表示されます。これは、PyCharm の便利な使い方などが起動するたびにランダムに表示されます。「Close」をクリックして閉じてください。毎回、閉じるのが面倒であれば、Show Tips on Startup のチェックを外してください。

pycharm tip

3. プログラムの作成

PyCharm は起動すると以下のような画面が表示されます。

pycharm editor

以下のように左の HelloWorld のところで右クリックして、 New > Python File を選択します。

pycharm new python file

ファイル名に「helloworld」 と入力して、「OK」をクリックします。

pycharm new python file

以下のようなエディタ画面が表示されます(ウィンドウを小さめにして表示しています)。

pycharm editor

エディタに以下のように print(‘Hello World!’) と入力してください。入力中は、いろいろと補助機能が表示されますが、慣れてくると意味がわかってきます。

pycharm hello world

4. プログラムの実行

以下のようにツールバーメニューから Run > Run を選択してください。

pycharm run

はじめての実行では、以下のような画面が表示されるので、helloworld をクリックします。

pycharm run select

以下のように下側の出力部に Hello World! と表示されます。IDLEの場合は、コマンドプロンプトに出力されましたが、PyCharm の場合は専用の出力部が用意されています。

pycharm run result

PyCharm は IDLE と比較して、とても多くの機能があります。非常に強力なPython専用の総合開発環境(IDE)です。

そのため、最初は機能が多すぎて、さらに英語であるため戸惑うかもしれませんが、とにかくプログラムを書いて実行してゆくことで、各機能の意味や便利さがわかります。

すべての機能を使いこなす人はほとんどいません。実際に使うようになる機能は一部だけですので、自分が便利と思う機能を使いながら探してみてください。