PythonのIDLEの使い方の基本

Pythonをインストールしたら、IDLEという開発環境で早速プログラミングを始めてみます。IDLEはシンプルな開発環境であり、Pythonと一緒にインストールされるのですぐに使用できます。

Pythonプログラムの実行方法には以下の2通りがありますが、IDLEは両方に対応しています。

  1. 対話モード(インタラクティブシェル)に入力して実行する
  2. プログラムコードを保存したファイル(*.py)から実行する

通常は、「ファイルにコードを入力」してプログラムを作成しますが、「対話モード」はすぐに結果を確認できるので、プログラミングの学習に適しています。

以下で、IDLEを利用したそれぞれのPythonプログラム実行方法を説明します。

このページの目次

対話モード:IDLEではじめてのPythonプログラム

デスクトップの左下にあるウィンドウズマーク をクリックして、スタートメニューから以下のように IDLE(アイドル) を選択してください。

python idle select from menu

以下のような Pythonシェル が開き、対話モードでプログラム入力を促す「プライマリプロンプト」(>>>)が表示されます。

python shell

>>>の後に、以下のコードを入力し、Enter を押します。

print("Hello World!")

どうでしょうか。以下のように Hello World! と出力されるはずです。

python hello world

前回と同じコードを入力するには

コマンドプロンプトやターミナルでは、でコマンド履歴を表示できますが、IDLEでは以下のキーでコードの履歴を表示できます。

  • 前の履歴:Alt + P (Macの場合は、Ctrl + P
  • 次の履歴:Alt + N (Macの場合は、Ctrl + N

うまく動作しない場合は、Settings ▶ Keysで、history-previoushistory-nextのキー設定を確認してください。

文字が小さいと感じたら

デフォルのフォントは結構小さいです。ツールバーのメニューから Options ▶ Configure IDLE を選択すると、以下の画面が表示されるので、フォントサイズを変更し OK をクリックします。

python shell settings

ファイルから実行:IDLEのエディタを使ったプログラミング

まだプログラムは1行だけですが、長くなると毎回打ち込むのは面倒になります。そこで、エディタにプログラムを書き込んでファイル保存し、まとめて実行することにしましょう。

1. IDLEのエディタを開く

ツールバーのメニューから File ▶ New File を選択すると新しいエディタウィンドウが開きます。

python editor open

2. プログラムをつくる

以下のように開いたエディタに print("Hello World!") と入力します。

python editor

3. プログラムを保存する

いま入力した方のウィンドウのツールバーメニューから File ▶ Save を選択し、ファイル名を hello.py として、デスクトップに保存します。

python editor save

4. プログラムを実行する

保存したら同じウィンドウのツールバーメニューから Run ▶ Run Module を選択し実行します。

python editor run

すると、元の Pythonシェルの方に以下のように結果が表示されます。

python editor result

プログラムが大きくなると、デバッガーを用いて不具合やバグを修正しながら作成します。デバッグによりプログラムの品質は格段に向上します。IDLEでのデバッグ方法は以下を参考にしてください。

Python付属のIDE(総合開発環境)であるIDLE(Integrated DeveLopment Environment)を使ってプログラムのデバッグを行う方法を説明します。 プログラムが期…
デスクトップに保存した hello.py をダブルクリックすると・・

python hello py

真っ黒なコマンドプロンプト画面が表示されて、一瞬で勝手に閉じてしまうはずです。ちゃんと Hello World! は表示されているのでしょうか? 相当な動体視力の持ち主でないと確認できません。

そこで、以下のようにプログラムに input() を1行加えます。

python editor input

ツールバーメニューから File ▶ Save を選択して上書き保存して、もう一度デスクトップの hello.py をダブルクリックしてみます。

すると、どうでしょう今度は勝手に閉じないで、ちゃんと Hello World! が表示されているのが確認できます。

python editor input

このように、Windows版のPythonは、インストール時にPythonファイル(*.py、*.pyw、*.pyc)に、Pythonランチャーpy.exe)が関連付けられるので、ダブルクリックで実行できます。

インデントの入力方法

Pythonではif文for文のような2行以上の複合文ではインデントを用います。インデントには「半角スペース4つ」か「タブ」を使用し、どちらかに統一する必要があります。

IDLEでは複合文で改行すると対話モードでは「タブ」、エディタでは「半角スペース4つ」が自動的に追加されます。従って、混在を防ぐために、対話モードでは「タブ」エディタでは「半角スペース4つ」を統一して用いるようにしてください。

しかし、入力する時は、何も気にしないでどちらもキーボードで Tab キーを押してください

IDLEのエディタでは Tab キーを押すと「半角スペース4つ」が挿入されるように設定されているので、結局どちらでもキーボードでは Tab キーだけを使えば良いことになります。

対話モードのelif、elseの入力には注意してください

対話モードでif~else」「if~elif~else」の構文を用いる場合は、elifとelseは左に詰めるように気をつけてください。詳しくは以下のホームページをご参照ください。

Pythonの学習のために、IDLEシェル(対話モード)でelifを入力しようとすると以下のように、インデントしているはずなのに、「SyntaxError: unindent does not mat…

最後に

これでもうあなたも「蛇使い(Pythonプログラマー)」 に入門しました。Pythonは非常に多様性に富んでいるので、使いこなすほど「色んな使い道」を思いつくことができます。

開発環境も様々で、慣れてきたら以下で紹介してるように、PyCharmという優れた道具を使うこともできます。

PyCharmはPythonに特化した非常に強力な開発環境です。 以前の説明では、まずPythonに付属の開発環境IDLEでプログラミングを始め、慣れてきたらPyCharmに乗り換えることをお薦…

Pythonは日常の業務処理の自動化に打って付けです。ぜひこれからのビジネスツールとして活用してください。