PythonのIDLEの使い方の基本

Pythonをインストールしたら、IDLEという開発環境で早速プログラミングを始めてみます。IDLEはシンプルな開発環境であり、Pythonと一緒にインストールされるのですぐに使用できます。

Pythonでプログラムを実行するには、以下の2つの方法があります。通常は、ファイルにコードを入力してプログラムを作成しますが、対話モードではすぐに結果を確認できるので、作業中にコードをテストする時とても重宝されます。

  1. 対話モード(インタラクティブシェル)に入力して実行する
  2. プログラムコードを保存したファイル(*.py)から実行する

ここでは、IDLEを利用して、両方の方法で簡単なプログラムを作成して、実行してみます。

IDLEではじめてのPythonプログラム:対話モード

デスクトップの左下にあるウィンドウズマーク をクリックして、スタートメニューから以下のように IDLE(アイドル) を選択してください。

python idle select from menu

以下のような Pythonシェル が開き、対話モードでプログラム入力を促す「プライマリプロンプト」(>>>)が表示されます。

python shell

>>>の後に、以下のコードを入力し、Enter を押します。

print("Hello World!")

どうでしょうか。以下のように Hello World! と出力されるはずです。

python hello world

文字が小さいと感じたら

デフォルのフォントは結構小さいです。ツールバーのメニューから Options ▶ Configure IDLE を選択すると、以下の画面が表示されるので、フォントサイズを変更し OK をクリックします。

python shell settings

IDLEのエディタを使用したPythonプログラミング:ファイルから実行

まだプログラムは1行だけですが、長くなると毎回打ち込むのは面倒になります。そこで、エディタにプログラムを書き込んでファイル保存し、まとめて実行することにしましょう。

1. IDLEのエディタを開く

ツールバーのメニューから File ▶ New File を選択すると新しいエディタウィンドウが開きます。

python editor open

2. プログラムをつくる

以下のように開いたエディタに print("Hello World!") と入力します。

python editor

3. プログラムを保存する

いま入力した方のウィンドウのツールバーメニューから File ▶ Save を選択し、ファイル名を hello.py として、デスクトップに保存します。

4. プログラムを実行する

保存したら、同じウィンドウのツールバーメニューから Run ▶ Run Module を選択して実行してみます。すると、元の Python Shell の方に以下のように結果が表示されます。

python editor result

プログラムが大きくなると、デバッガーを用いて不具合やバグを修正しながら作成します。デバッグによりプログラムの品質は格段に向上します。IDLEでのデバッグ方法は以下を参考にしてください。

Python付属のIDE(総合開発環境)であるIDLE(Integrated DeveLopment Environment)を使ってプログラムのデバッグを行う方法を説明します。 プログラムが期…
デスクトップに保存した hello.py をダブルクリックすると・・

python hello py

真っ黒なコマンドプロンプト画面が表示されて、一瞬で勝手に閉じてしまうはずです。ちゃんと Hello World! は表示されているのでしょうか? 相当な動体視力の持ち主でないと確認できません。

そこで、以下のようにプログラムに input() を1行加えます。

python editor input

ツールバーメニューから File ▶ Save を選択して上書き保存して、もう一度デスクトップの hello.py をダブルクリックしてみます。

すると、どうでしょう今度は勝手に閉じないで、ちゃんと Hello World! が表示されているのが確認できます。

python editor input

このように、Windows版のPythonは、インストール時にPythonファイル(*.py、*.pyw、*.pyc)に、Pythonランチャーpy.exe)が関連付けられるので、ダブルクリックで実行できます。

これでもうあなたも「蛇使い(Pythonプログラマー)」 に入門しました。

Pythonは非常に多様性に富んでいるので、使いこなすほど色んな使い道が思い浮かびます。

開発環境も様々で、慣れてきたら以下で紹介してるように、PyCharmという優れた道具を使うこともできます。

PyCharmはPythonに特化した非常に強力な開発環境です。 以前の説明では、まずPythonに付属の開発環境IDLEでプログラミングを始め、慣れてきたらPyCharmに乗り換えることをお薦…

Pythonは日常の業務処理を片っぱしから自動化したいと目論むビジネスマンに打って付けです。今後、実際に業務に使えそうなプログラミング方法をご紹介してゆきますので、楽しみにしてください。