PythonをWindowsにインストールしてプログラミングを始める

Pythonはいま大ブレイクのプログラミング言語です。その背景には人工知能ブーム、それを支えるディープラーニングのほとんどがPythonで動かしていることにあります。ですが・・・

Pythonは人工知能だけでなく、じつは日常の業務処理に最適なのです。

例えば、エクセルのCSVファイルを読み書きするためのツール(モジュールといいます)も最初から入っています。さらに、xlsxファイルを読み書きできるモジュールをインストールして、エクセルファイルを直接処理するプログラムを作ることができます。

その他にも、PDF、ウェブ解析、画像、メールなど多種多様なモジュールが10万以上も公開されており、簡単にインストールできます。それらを活用すれば、大抵の処理が可能になります。

開発環境もシンプルなものが最初からインストールされるので、すぐにプログラミングを始めることができます

ただ働くだけでなく、生産性が問われる昨今において、Pythonは必ずやあなたの強力な味方になってくれるはずです。習得しない手はありません。

早速Pythonをインストールしてみましょう。今回はWindows10にPython(バージョン3.6.1)をインストールします(Windows7、Windows8.1でも同様にインストールできます)。

この記事の目次

Pythonのインストール

1. ダウンロード

以下のPythonのオフィシャルサイトのダウンロードページを開き、Python2.7.13ではなく、Python3.6.1の方をクリックしてインストーラーをダウンロードします。ここでは、デスクトップに保存しておきます。

最新版Pythonのダウンロード(Pythonオフィシャルサイト)
https://www.python.org/downloads/

python download site

最新版に読み替えてください

ダウンロードボタンは最新版にリンクされています(今回の時点では、最新版はPython 3.6.1です)。新しくバージョンがリリースされるたびに更新されので、その場合は最新のバージョンに読み替えてください。

2. インストール

デスクトップに保存した Python-3.6.1.exe をダブルクリックして実行します。以下の画面が表示されたら、下のチェックボックスに2つともチェックを入れて、「Install Now」をクリックします。

python install start

以下のようなセキュリティの確認画面が表示された場合は、「はい」をクリックしてインストールを開始します。

python install confirme

python install progress

以下のような画面が表示されたらインストール完了です。Closeをクリックしてください。

python install finish

Disable path length limit とは

従来よりWindowsではファイルパスは最大260文字に制限されていましたが、Windows10からこの制限を解除できるようになりました。それに伴い、Windows版Pythonも3.6から、ここで設定できるようになりました。通常は設定しないで、Closeをクリックしてインストールを完了してください。

はじめてのPythonプログラム

これでもうプログラムを書いて実行できます。

デスクトップの左下にあるウィンドウズマーク をクリックして、スタートメニューから以下のように IDLE を選択してください。

python idle select from menu

以下のような Pythonシェル が表示されます。

python shell

>>>の後に、以下のコードを入力し、Enter を押します。

print("Hello World!")

どうでしょうか。以下のように「Hello World!」と出力されるはずです。

python hello world

文字が小さいと感じたら

デフォルのフォントは結構小さいです。ツールバーのメニューから Options > Configure IDLE を選択すると、以下の画面が表示されるので、フォントサイズを変更します。変更し OK をクリックします。

python shell settings

IDLEのエディタを使用したPythonプログラミング

まだプログラムは1行だけですが、長くなると毎回打ち込むのは面倒になります。そこで、エディタにプログラムを書き込んで保存し、まとめて実行することにしましょう。

1. IDLEのエディタを開く

ツールバーのメニューから File > New File を選択すると新しいエディタウィンドウが開きます。

python editor open

2. プログラムをつくる

以下のように開いたエディタに print("Hello World!") と入力します。

python editor

3. プログラムを保存する

いま入力した方のウィンドウのツールバーメニューから File > Save を選択し、ファイル名を hello.py として、デスクトップに保存します。

4. プログラムを実行する

保存したら、同じウィンドウのツールバーメニューから Run > Run Module を選択して実行してみます。すると、元の Python Shell の方に以下のように結果が表示されます。

python editor result

プログラムが大きくなると、デバッガーを用いて不具合やバグを修正しながら作成します。デバッグによりプログラムの品質は格段に向上します。IDLEでのデバッグ方法は以下を参考にしてください。

Python付属のIDE(総合開発環境)であるIDLE(Integrated DeveLopment Environment)を使ってプログラムのデバッグを行う方法を説明します。 プログラムが期…
デスクトップに保存した hello.py をダブルクリックすると・・

python hello py

真っ黒なコマンドプロンプト画面が表示されて、一瞬で勝手に閉じてしまうはずです。ちゃんと Hello World! は表示されているのでしょうか? 相当な動体視力の持ち主でないと確認できません。

そこで、以下のようにプログラムに input() を1行加えます。

python editor input

ツールバーメニューから File > Save を選択して上書き保存して、もう一度デスクトップの hello.py をダブルクリックしてみます。

すると、どうでしょう今度は勝手に閉じないで、ちゃんと Hello World! が表示されているのが確認できます。

python editor input

このように、Windows版のPythonは、インストール時にPythonファイル(*.py、*.pyw、*.pyc)に、実行ランチャーが関連付けられるので、ダブルクリックで実行できます。

これでもうあなたも「蛇使い(Pythonプログラマー)」 に入門しました。

Pythonは非常に多様性に富んでいるので、使いこなすほど色んな使い道が思い浮かびます。

開発環境も様々で、慣れてきたら以下で紹介してるように、PyCharmという優れた道具を使うこともできます。

当社が普及を推進している「Pythonで仕事自動化」において、推奨している Python の開発環境は以下の2つです。 IDLE(Pythonに付属) PyCharm(Communit…

Pythonは日常の業務処理を片っぱしから自動化したいと目論むビジネスマンに打って付けです。今後、実際に業務に使えそうなプログラミング方法をご紹介してゆきますので、楽しみにしてください。