企業情報

ガンマソフトのミッション

“ITテクノロジーの魅力を伝えることで、ITの利活用を促進し、生産性の向上により、人々の心身の健康を保持増進すること”

これから、ITテクノロジーはもっと魅力的に、そして身近になります。最先端の人工知能プログラムですら、自分のパソコンにインストールして動かせる時代です。こんな恵まれた時代に、単に消費者として利用するだけではもったいないです。その内部に関心を持てば、もっと私たちに活力を与えてくれます。

その活力は、新しい付加価値を生み出す原動力になります。付加価値は生産性を向上する要因となり、私たちの心身の健康を保持増進してくれます。そのためには、まずITテクノロジーの魅力に気づく必要があります。

ガンマソフトは、単にITテクノロジーを紹介するのではなくそのメカニズムやロジックに一歩近づいて魅力を伝えることをミッションとする「メディア型企業」です。

ガンマソフトの強みとは

弊社の強みは、実際にプログラミングを行う「ソフトウェア企業」であることです。ITテクノロジーのメカニズムやロジックを知るには、どうしてもプログラミングの知識が必要です。近年は、ライブラリが公開されていることが多いため、プログラミングができれば、すぐに試して内容を伝えることができます。

もう一つの強みは、データ分析に慣れていることです。前身がインフラ予定地の事前調査を行う会社であったため、土壌、地震、気候などのデータを扱ってきました。ITテクノロジーを利活用できるかは、データをどう活かすかにかかっていますので、データ分析の実績を役立てることができます。

これから必要なのは「万人のためのプログラミング」

生産性を向上するのに、「付加価値を高くすること」が最も効果的です。しかし、いまだ日本の企業では、付加価値が生まれにくい状況が続いています。そこで、デジタル化の推進により、新しい付加価値を創出しようとする「デジタルトランスフォーメーション」が注目され出しました。

そのためには、デジタル関連の専門家が必要ですが、現場のことまで十分に理解することは難しいので、単独では推進できません。一方、現場はIT導入への理解に乏しいため、デジタル専門家とうまく連携できません。つまり、現場がもっとITに関心を持つことが必要不可欠になります。だから、弊社は万人へのプログラミングの普及に力を入れています。単にオフィスソフトを使いこなすだけでなく、プログラミングを通してITテクノロジーの魅力に気づくことが大事だからです。

ガンマソフトの基本方針

私たちは、以下の3つの基本方針に基づき行動します。

  • すぐに効果がでることを試す
  • いきなり大きなことをしようとすると、挫折します。できることと目標は別に考えます。できることを連続して、目標を達成します。

  • 総合力をみがく
  • ITの知識だけでは、優れた改善策は提案できません。紆余曲折の末に無駄な知識がたくさん身についてしまったからこそ、よい提案ができるのです。

  • 知識や経験は可視化する
  • 人間のなかに蓄積された知識やノウハウは、普段目に見えません。誰かの役に立つには、目に見えるカタチにしなければなりません。可視化するためには、パッケージングが最も有効であると考えています。

部門紹介

  • コンサルティング部門
  • プログラミング教育部門
  • アウトソーシング事業部門
  • プログラム開発部門

企業概要

会社名 ガンマソフト株式会社
所在地 東京都中野区上高田三丁目21-10 オチアイビル
地図
電話番号 (9:30~17:00 土日祝日及び特定・臨時休業日を除きます)
メールアドレス
お問い合わせ先 お問合せフォームをご利用ください。
設立年月 1973年5月
資本金 20,000,000円
代表者(全業務責任者) 代表取締役 中嶋 英勝
技術士:建設部門(建設環境、土質及び基礎)、測量士
事業内容 コンピュータソフトウェアの開発、販売並びに賃貸
インターネット等のネットワークを利用した情報提供業務並びに取引
前各号に関する企画、調査、研究並びにコンサルティング
前各号の付帯又は関連する一切の事業