Python入門通信講座 ー仕事自動化の基本ー

次回開催の準備中です

現在、新カリキュラムを制作しています。2018年6月から開催する予定です。スケジュールが決まり次第、お知らせいたしますので、今しばらくお待ち願います。

自分の仕事を自動化したいプログラミング初学者を対象にしたPython入門講座です。

今までの仕事が一瞬で片付く面白さ、そんなプログラミングの醍醐味を是非味わってください。

本講座で学習すれば、Pythonの基本とプログラムの開発方法が習得でき、以下のような日常業務を自動化するプログラムを作成できるようになります。

  • 数百のエクセルファイルの集計、入力ミスチェック
  • Webから取得した情報を、既存のエクセルファイルに貼り付ける
  • 数百ファイルを拡張子ごとにフォルダに整理する

さらに、本講座で基本を見つければ、PDFや画像ファイルの処理、メールの自動送信、パソコン操作のオートメーションなども、書籍を参考に自力でつくれるようになります。Pythonは人工知能を動かす標準言語でもあるので、さらなるステップアップも可能です。

Pythonは「万人のためのコンピュータプログラミング」を目標につくられた言語です。他のプログラミング言語と比べて、非常に学習しやすい言語です。特に解決したい課題を持つ社会人は、動機が明確なので習得しやすいです。当社がしっかりサポートしますので、是非チャレンジしてください。

これからの仕事に必要なITスキルとは

現代のデスクワークは、エクセルなどのOfficeアプリケーションの操作が大半を占めます。手書きや手計算の時代と比べれば効率的ですが、それらの操作は以前人の手(キータッチ)のよるものです。書類の量が増えている分、逆に人的負担は増えていると言えます。

そこで、求められるのは、自分の仕事を自動化する能力です。そのためには、Pytyonを覚えるのが最も適しています。本講座では、Pythonで仕事を自動化するための基本を指南いたします。

本講座の特徴

「仕事自動化の基本」に特化したカリキュラム

本講座のカリキュラムは、今の仕事が一瞬で片付く面白さを実感しながら、仕事自動化に必要なPythonプログラミングの基本を身につけることに主眼を置いています。

仕事自動化という学習動機を明確にすることで、プログラミング学習の大敵である「挫折してしまうこと」を極力防ぎます。

参考書にも、まさに本講座の主旨にぴったりの「退屈なことはPythonにやらせようーノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング」(オライリー・ジャパン発行)を使用します(受講前にご購入していただきます)。

わからないことは何度でも質問できます

本講座では、1週間ごとに課題を出題し添削します。課題を解いている最中に、わからないことは何度でもメールで質問してください※。

※ご質問への返答は、9:30〜16:30(土日含む)に行います(質問は受講期間中のみ承ります)。

自動化プログラムの開発経験を活かしたサポート

当社は業務プロセスのアウトソーシング(BPO)を請け負い、実際にPythonを使って業務を自動化しています。この業務経験を活かしてサポートします。

いきなり本格的な開発環境を使います

学習のためだけの開発環境は二度手間になってしまうので、初めから本格的なPyCharmを使います。PyCharmはPythonに特化した強力な開発環境です。

PyCharmは非常に機能豊富で初めは難しく感じるかもしれませんが、本講座では必要最小限の機能だけ使います。長く付き合ううちに、自分に必要な機能はわかってきます。

受講に必要なスキルと環境

受講に必要なスキル

プログラミング初学者を対象としていますが、エクセルの数式と関数(SUM、AVERAGE、IFなど)が不自由なく使える程度のITスキルは最低限必要です。エクセルVBAや他言語でのプログラミングの経験は必要はありません

受講に必要な環境

インターネットに接続しているWindowsパソコンをご用意ください。

本講座では、PythonとPyCharm(エディタを備えた開発環境)が動作しないと学習できません。現行のWindowsが動作するPCであれば、大抵問題ありませんが、念のため以下のページの方法でインストールし起動することを事前にご確認ください。

Pythonのインストール方法
PyCharmのインストール方法

インストール出来ない場合は、お申し込み前でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

学習に使用する書籍も必要になりますので、受講開始前までにご購入ください。

受講お申し込みフォームへ