Pythonプログラミング講座

ビジネスパーソンを対象にした Pythonプログラミング講座です。最近、プログラミング学習が注目されていますが、「いざ始めようとしても学習方法がわからない」、「何とか始めたが挫折してしまった」、という声があとを絶ちません。

その最大の原因は、学習方法の間違いです。今でも主流なのは、将来プログラマーやエンジニアを目指す若年層を対象とした「教科書的な基礎の積み上げ方式」です。しかし、この方法はビジネスパーソンには苦痛なだけです。

なぜなら、ビジネスパーソンは、道具としてプログラミングを使ってみたいのに、そこまでのアプローチがやたらと長く耐え難いからです。実際プログラミングの世界は奥が深く、本職となるには知識の積み上げは不可欠です。しかし、ほとんどのビジネスパーソンはその域に到達することはできません。その必要もありません必要なのは、道具として使いこなすことです。

これは、現在の数学ブームとも似ています。数学の深淵な世界を覗くには、非常に長い階段を一歩一歩登る必要があります。しかし、そこにたどり着けるのは、ほんの一握りの人だけです。しかし、それでは数学を使うことができません。道具として使えるようになるための学習方法は、王道のものとは異なるのです。

プログラミングの習得は、若い方が有利とよく言われますが、それは本職を目指す場合です道具として使いこなすには、キャリアが豊富はビジネスパーソンの方が有利です。実際の事例をイメージし易く、すぐに活用できるからです。

道具としてのPythonを学ぶ

本講座では、道具としてのプログラミング言語として最適なPythonを、ビジネスパーソンが道具として使えるようになるために最適な方法で学習します。

Pythonの知識はなるべく必要最小限にして、まず使うことを重視します。ライブラリの活用方法にも重点を置きます。Pythonを道具として使いこなすには、豊富なライブラリの活用が不可欠だからです。

プログラミングは必ずや本業に良い影響を与えてくれます。是非、この機会にプログラミングに挑んでみてください。

ビジネスパーソンのためのPython入門講座

通信講座(課題添削) 修了証発行あり

プログラミング経験がゼロの状態から始めて、ビジネスの基本であるエクセルファイルの読み書き、さらに複数ファイルの集計をPythonで行えるまでを目標とします。

Pythonに関する知識は、最低限絞り込みます。オブジェクト指向は扱いません。しかし、開発環境は本格的なPyCharmを使います。良い道具は、初学者のスキルアップを手助けしてくれるからです。

使用する参考書には、ビジネスで利用できる様々なプログラムが挙げられています。本講座で学習するのは、その一部だけですが、基本を学んだ後であれば、他の部分も読んで参考にすることができるようになります。

詳しくはこちらへ

HTMLから学ぶWebスクレイピング基本講座

現代は、データを活用する企業が競争優位に立つ時代です。そのためのデータの収集元は目的により異なりますが、Webは欠かせない情報ソースの一つです。広大なインターネット空間から、適当な情報を収集するには、巡回プログラム(クローラー)を用いますが、Webから必要な情報を抽出するには「スクレイピング」を行います。

本講座では、Pythonによるスクレイピングの基本を学習します。通常スクレイピングを行うには、HTMLの知識があることが前提ですが、本講座ではHTMLの知識から学習するので、HTMLが初めてのビジネスパーソンでもスクレイピングを学習することができます

2018年秋公開予定