Pythonプログラミング通信講座

面倒な仕事を効率化したいならば、Pythonが最適です。Pythonを覚えれば仕事の効率がグッと良くなります。

Pythonは膨大な無料のライブラリを活用できるので、多様な問題に対応できます。日常使っているファイルなら大抵操作できます。Webから情報を自動収集することもできます。このようなライブラリの活用方法も本講座で学習できます。

本講座ではPythonの初歩的な基本から、仕事自動化のプログラミングまでを約2ヶ月で習得します。プログラミングの経験は必要ありません。弊社がバックアップしますので、ぜひこの機会にPythonを習得して「一生モノのスキル」を手に入れてください。

すぐに始められます!

こんなことができる!

本講座では以下のような身近なオフィスワークをプログラミングできるようになることを目指して学習します。テキストもオフィスワークを対象にした内容になっているので、活用シーンをイメージしやすく、学習意欲を維持できます。

  • 日常的に行っているファイル管理を自動化する。
  • 各支店や部署の月次決算のエクセルファイルを自動で集計する。
  • ワードの定型文書作成を自動化する。
  • 定例会議用のパワーポイント資料作成を自動化する。
  • 展示会のお礼メールをCSVファイルから宛名入りで一斉送信する。
  • ホームページからの資料ダウンロードを自動化する。

Excel VBAとPythonの違いとは?

Excel VBAとは守備範囲の広さが格段に違います。Excel VBAはあくまでもエクセルに依存したツールです。Pythonならエクセルを起動しないでもエクセルファイルを読み書きできます。

講座の特徴

1. 厳選した基本事項

プログラミング上達のコツは早く自分で作り始めることです。だから、基本事項を網羅的に学習するのではなく、プログラミングを始めるのに最低限必要なことだけを厳選しています。

2. 効果的な学習方法

短期集中型よりも、少しずつ復習しながら学ぶ方が効果があることが分かっています。本講座はその日の分量だけメールで届くので、少しずつ復習しながら効果的に学習できます。

3. 何度でも質問できます

わからない箇所は何度でも質問できるので、安心して受講できます(受講後も大丈夫です)。エラーになってしまう場合はもちろん、素朴な疑問でも丁寧にわかりやすく回答いたします。

受講後も学習できるから、早く始めるのがオススメです

テキストは学習したことを積み重ねながら進める構成になっています。受講後もテキストへのアクセスと質問ができるので、仕事の都合で遅れても一つひとつ最後まで学習すればPythonプログラミングを習得できます。

学習内容

本講座では、第1部「Pythonの基本」第2部「オフィスワークの自動化」全40回で学習します。

第1部(1〜17回)では、Pythonプログラミングの基本を初歩的な内容から学習します。続く第2部(18〜40回)では、オフィスワークの自動化の実践的なプログラミングを学習します。

第1部:Pythonの基本
  • 変数とデータ型
  • 文字列操作
  • リスト
  • 辞書
  • 条件分岐
  • 反復処理
  • 関数
  • モジュール
  • 日時データ
第2部:オフィスワークの自動化
  • ファイル管理
  • テキストファイル
  • CSVファイル
  • Excelファイル
  • Wordファイル
  • PowerPointファイル
  • PDFファイル
  • メール送信
  • Web情報取得(スクレイピング)

仕事自動化の基本を一通り学べます

Pythonの基本から始めて、一般的なオフィスワークを自動化する内容を一通り学びます。だから、CSVのアドレス一覧からホームページにアクセスして、情報を収集し、エクセルファイルに書き込むようなプログラムも作成できるようになります。

学習方法

平日に毎日1回メールで学習内容をお届けします。受講中は以下のような流れで学習します。1回の学習時間の目安は30〜60分程度です。

  1. 届いたメールに記載されているアドレスから講座テキストをブラウザで開きます。
  2. 講座テキストに沿って、パソコンで自分の手でコードを実行しながら学習します。
  3. 最後に簡単な問題を解きながら確認します。
  4. 分からないところは、専用のフォームから質問します(メールでも大丈夫です)。

なぜ平日だけなのか

急な予定で1日休んでしまっても、休日に挽回し、最後まで継続していただけるよう平日のみとしました。逆に、平日が忙しい方は、土日にまとめて学習しても大丈夫です。

テキスト

本講座ではオリジナルのテキストを使用します。毎回以下のようなメールでテキストのアドレスをお知らせします。テキストは受講後もアクセスできます。いただいた質問などをもとに随時更新しているので最新の内容で復習できます。

# 第1回目サンプル #

お待たせしました、本日から講座を開始します。
宜しくお願い申し上げます。

本日は「第 1 回 print文でデータを出力する」です。
以下のホームページを開いて内容をご確認願います。

https://gammasoft.jp/samples/python-basic-01.html

プログラムには結果を確認する何らかの手段が必要です。
一番簡単に確認できるのが「画面(モニター)」です。

今回学習する「print文」は、
結果を「画面」に出力するためにあります。

「print文」を利用すれば、手っ取り早く
データの内容を画面で確認できます。

「print文」は単純ですが、
日常のプログラミングで多用されるので大事です。

また、本講座はプログラムを作成したり実行するのに
「IDLE」という開発環境を用います。
学習の進行に合わせて「IDLE」の使用方法を順次
説明しますので、少しずつ使い慣れるようにしてください。

==================
ガンマソフト株式会社
==================

質問

テキストの内容については、何度でもご質問を承ります。受講後でも大丈夫ですので、お気兼ねなくご質問ください。

修了証

受講後にお送りするプログラミング課題を提出された方には修了証(PDF)を発行いたします。

受講期間

全40回を休日(土・日・祝日・年末年始)を除く平日のみに配信します(計40日)。そのため期間は約2ヶ月になります。詳しい日程表は、受講開始日までにメールにてお知らせいたします。

受講に必要なもの

受講にはインターネットに接続したWindowsパソコン(7または10)を用います。

受講に用いるパソコンには、受講前までに以下のページを参考にPythonをインストールしてください。また、IDLEというPythonに付属のソフトを利用しますので、同じく以下のページを参考に起動確認だけしておいてください。

最新版のPythonインストールとIDLE起動の方法(Windows)

開発環境を用いて学習します

本講座ではPython付属のIDLEという開発環境を使って、自分の手でプログラムを動かしながら学習します。プログラミングにおいて、開発環境を使えるようになることはとても大事です。IDLEの使い方もしっかりと学習しますので、安心してください。

python idle

受講までの流れ

1. お申し込み

フォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、お申し込みください。お申し込みは24時間受け付けています。

2. 受講料のお支払い

お申し込み後、すぐにお支払いのご案内がメールで届きます。メールの内容をご確認の上、お支払いのお手続きをお願いします。

3. 受講開始

受講開始はお支払い完了の「翌営業日」からとなります。13時以降又は休日にお支払いの場合は「翌々営業日」から開始します。

受講された方のご感想

とても実践的な内容で取り組みやすかったです

これまでにも、Pythonの参考書は目を通したことがありましたが、具体的にどのように仕事に応用できるかいまひとつピントきていませんでした。こちらの講座は仕事で使うことを想定した内容になっており、とても実践的でしたので非常に取り組みやすかったです。自身の習得度合いとしては、まだ空でコードを書けるレベルには程遠いものの、実践あるのみで業務にどのように取り入れるかを考えながら引き続き挑戦していきたいと考えています。パソコン環境の違いによるエラーなどにも丁寧にご対応いただき感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。
お客様の職種:営業・販売

コンテンツが非常によく考えられている

コンテンツが非常によく考えられていると思いました(=必要なことが、順序よく書かれている)。 また、質問にも迅速かつ明解に回答していただきました。 まだ、最終回および課題が終わっていませんが、大変ありがとうございました。 さらに、講座終了後も質問OKとのことで大変満足しています。
お客様の職種:総務・人事

価格・お支払い方法

講座名 Pythonプログラミング通信講座
価格 ¥21,600(税込)
受講開始日 お支払い完了の翌営業日
※ 13時以降または休日にお支払いの場合、翌々営業日から開始いたします。
受講期間 受講開始日から休日(土・日・祝日・年末年始)を除く40日間【全40回】
配信方法 電子メール(メール文中のWebページアドレスをブラウザで開いて学習内容を確認します)
受講環境 Python3.6以降をインストールしたパソコン【Windows(7,10)】(要インターネット接続)
お支払い方法 クレジットカード(VISA/Master/AMEX/JCB/Diners
cards※ VISA/Masterのデビットカードとプリペイドカードもご利用できます。
※ 三井住友カードと業務提携しているStripe社の決済サービスを利用します。弊社サーバはカード情報を一切保持しません。
銀行振込(ジャパンネット銀行
bank※ 恐れ入りますが振込手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。

お申し込み

講座内容をご確認いただき、サービス利用規約にご同意の上、フォームにお名前メールアドレスをご記入してお申し込みください。お申し込み後、お支払い方法をメールにてご案内いたします。

メールアドレスには必ず受講に用いるアドレスをご記入ください。



ご質問・ご相談

受講に関するご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

Pythonを習得してやってみたいことがあるがアドバイスが欲しいのようなお問い合わせでも大丈夫です。聞いてみたいことがありましたら何でもお問い合わせください。法人様向けの一括お申し込みのお問い合わせも承ります。

お問い合わせ よくあるご質問