PyCharmで最初のプログラミング(Hello World!)

PyCharmをインストールしたら、お決まりのHello World!を出力するプログラムを作ってみます。

PyCharmも一般的な総合開発環境(IDE)と同様に、コードを「プロジェクト」で管理します。IDEを使うのが初めての場合は、ここが理解しにくいところですが、「プロジェクト=ディレクトリ」と考えてください。

プログラムがある程度の規模になると、複数のファイルが必要になります。PyCharmをはじめとするIDEでは、これらを1つのディレクトリのなかに入れて、まとめて「プロジェクト」として扱い、一括で管理できるようにしています。

この点だけを、先に理解しておけば、初めてでも大丈夫ですので、以下で最初のプログラムを実行し、PyCharmの一歩を踏み出してみてください。

この記事の目次

PyCharm の起動

スタートメニューから JetBrains PyCharm Community Edition を選択して起動します。

pycharm start

はじめての起動の場合

初回起動時のみ、環境設定の画面が表示されますので、こちらを参考にして設定してください。

プロジェクトの作成

PyCharm はプロジェクト単位でプログラムを管理します。プロジェクトというと分かりにくですが、要はディレクトリで管理します。つまり、1つのディレクトリのなかに、関連するプログラムやファイル・フォルダを作成しながら開発を進めます。

以下の画面でCreate New Projectをクリックしてください。

pycharm create project

以下の画面が表示されたら、今回はHelloWorldとを入力してCreateをクリックしてください。つまり、C:¥Users¥Taro¥PycharmProjects¥HelloWorld ディレクトリにプログラムを作成します。

pycharm create project

PyCharm が起動し、以下のようなTip of the Day ダイアログが表示されます。これは、PyCharm の便利な使い方などが起動するたびにランダムに表示されます。Closeをクリックして閉じてください。毎回、閉じるのが面倒であれば、Show Tips on Startup のチェックを外してください。

pycharm tip

プログラムの作成

PyCharm は起動すると以下のような画面が表示されます。

pycharm editor

以下のように左のHelloWorld のところで右クリックして、New ▶ Python Fileを選択します。

pycharm new python file

ファイル名にhelloworldと入力して、OKをクリックします。

pycharm new python file

以下のようなエディタ画面が表示されます(ウィンドウを小さめにして表示しています)。

pycharm editor

エディタに以下のようにprint('Hello World!')と入力してください。入力中は、いろいろと補助機能が表示されますが、慣れてくると意味がわかってきます。

pycharm hello world

プログラムの実行

以下のようにツールバーメニューからRun ▶ Runを選択してください。

pycharm run

はじめての実行では、以下のような画面が表示されるので、helloworldをクリックします。

pycharm run select

以下のように下側の出力部に Hello World! と表示されます。IDLEの場合は、コマンドプロンプトに出力されましたが、PyCharm の場合は専用の出力部が用意されています。

pycharm run result

PyCharm は IDLE と比較して、とても多くの機能があります。非常に強力なPython専用の総合開発環境(IDE)です。

そのため、最初は機能が多すぎて、さらに英語であるため戸惑うかもしれませんが、とにかくプログラムを書いて実行してゆくことで、各機能の意味や便利さがわかります。

すべての機能を使いこなす人はほとんどいません。実際に使うようになる機能は一部だけですので、自分が便利と思う機能を使いながら探してみてください。