仕事自動化のためのPython入門

こんなこと考えたことないでしょうか。

何か毎日同じようなデスクワークしている。飽きる。別ファイルからエクセルに毎回コピペして、グラフを更新して、ファイル名を変えて、同じ人にメールしている。これってもしかしたら、機械でも出来るんじゃないか。

その通りです。そんな飽きてしまう繰り返しの作業(ルーチンワーク)は、あなたの仕事ではありません。機械の仕事です。

デスクワークのルーチンは、ほとんどプログラムに書き換えることができます

現在では、プログラミングは限られた人だけの技能ではありません。周りにもExcel VBAを使える人がいると思います。しかし、ここではさらに汎用性があるプログラミング言語として、Pythonをオススメします

その理由は、覚えやすく、広範な仕事に対応できるからです。エンジニアだけがプログラミングを行っているうちは、会社の生産性は上がりません。普通のビジネスパーソンがプログラミングを始めると飛躍的に向上します。だから、覚えやすさが求められます。そして、豊富なライブラリを活かして、様々な仕事に対応できます。例えば、Excel、Word、PowerPoint、PDF、画像などのファイルを読み書きしたり、ネットから情報を取得することが簡単にできます。

プロのような完璧なプログラムを書く必要はありません冗長でもちゃんと答えを出すプログラムを書けることを目指せば良いのです。

飽きる仕事は、ついついダラダラしてしまうので、生産性が悪いです。プログラムを活用して、本来の楽しい仕事に集中し、早く帰れる生活を実現しましょう。

毎日エクセルに投入している時間に疑問を感じたら、行動を始める時期です。

目次

仕事を自動化するには何をするべきか

仕事を自動化する最もシンプルなアプローチは以下の2つです。

  1. 自分の仕事をルーチン化する
  2. 全自動を目指さないで、単機能のプログラムを作る

仕事を自動化するには、まず「自分の仕事をルーチン化」する必要があります。ルーチンワークをなくすためのプログラミングなのに、矛盾していると思うかもしれませんが、毎日しているルーチンワークでも、実はルーチン化されてなく、都度考えながらしてしまっている場合が多いにあります。

仕事をプログラムに書き換えるには、手順を段階ごとに洗い出す必要があります。マニュアル作りと同じです。この作業を行うことで、自分の仕事を見える化でき、さらに余分な作業を浮き彫りにすることもできます。

プログラミングに慣れてくるとすべてを一発全自動で実施できる壮大なプログラムを作ってしまいます。このような全自動プログラムは全く価値がありません。なぜならば、他人がソースコードを見たときに理解できないからです。

Pythonはソースコードのまま実行するスクリプト言語です。人からもらったコードの一部を書き換えて、すぐに実行できます。書いたコードは周りの人と共有します。もらった人が見てすぐに理解できて、自分で簡単に改良できる「単機能プログラム」こそ価値があるのです。

プログラミングは明確な動機があれば習得できる

プログラミング学習には、英語同様に文法から始める伝統的な方法があります。しかし、この方法は余程の強い意思がないと挫折します。モチベーションが維持できないのです。

折れずに続けるには、明確な動機が必要です。ゲームが代表的な例です。「自分や友達がもっと楽しめるこんなゲームが作りたい」と明確な目標があるとすぐに覚えます。つまり、既存のゲームに不満があって、こうしたら面白くなるといつも考えている人は上達が早いです。

作りたいものがはっきりしていれば、似ているプログラムが載っている書籍やサイトを見つけて、まずそのまま作る過程を経験してみて、それから文法や構文を調べてプログラムの内容を理解し、自分の作りたいものにカスタマイズすることができます。

この方法がプログラミング習得の最短ルートです。だから、作りたいものが明確であればあるほど、プログラミングの上達は早いです。

社会人であれば「いつもの面倒な書類をだれか代わりにつくってくれないかな〜」と思ったことが必ずあるはずです。それをプログラムにすれば、プログラミングをマスターできるのです。

社会人がプログラミングを覚えないのはもったいない

社会人の日常はプログラミングの題材に溢れています。だから、社会人はプログラミングを覚えるのに適しています。プログラミングを習得すれば、自分の希少価値を高めるだけでなく、すべてに良い影響を与えます。社会人がプログラミングを学ばないことは非常にもったいないのです。

自分で独学する場合は、まず非常にわかりやすい本を1冊目に選ぶようにしてください。そうすれば、挫折しないでスムーズに始めることができます。独学が困難な場合には、自分に合ったオンライン講座などでも学習できます。

弊社でもPythonの基本から学べる講座を実施していますので、ぜひこちらもご覧ください。

仕事はなるべくしないで書く。 プログラムとは「再生可能な指示書」です。作業をひとたび書き込めば、あとは何度でも再生するだけです。プログラミングができれば、仕事はするのではなくプログラムに書くこと…

まずはPythonをインストールしましょう

PythonはWindowsでもMacでも動きます(Macの場合はプリインストールされてます)。デスクトップだけでなく、Webアプリまで作れます。主要な人工知能のプログラムはPythonで動かします。そのため、最近特に注目されています。そして、何よりも覚えやすいのです。個人差はありますが、私はExcel VBAの方が難しいと感じます(普段はC#とJavaをよく書きます)。

Pythonのインストールは非常に簡単です。以下のサイトを参考にインストールして、まず “Hello World!” と表示する一番簡単なプログラムを動かしてみてください。

Pythonに入門するには、パソコンにPythonをインストールするだけです。Pythonを始めるのは非常に簡単です。 Python公式のインストーラーがあるので、ダウンロードしてインストールす…

実際に自動化を試してみる

以下のページに、普段の何気ないデスクワークを自動化した事例を紹介しています。すべてソースコードを載せていますので、ぜひ実際に動かして試してみてください。プログラミングの経験がなくても、コードを動かしてみるとその効力を実感できるはずです。

Pythonプログラミングの醍醐味の一つが、ライブラリを活用して退屈で面倒な仕事を自動化することです。Pythonのライブラリには、「標準ライブラリ」と「外部ライブラリ」の2つの種類がありますが、どち…