Pythonのコードを実行するには、パソコンにPythonをインストールする必要がありますが、ご安心ください。Pythonのインストールは非常に簡単です。

Python公式のインストーラーがあるので、ダウンロードしてインストールするだけです。Pythonと一緒にIDLEと呼ばれる開発環境もインストールされるので、すぐにコードを実行できます。

以下では、「Pythonのインストール方法」と「IDLEの起動方法」を説明します。

Pythonのインストール方法(Windows)

1. インストーラーのダウンロード

以下のPython公式サイトから、Pythonの最新版のインストーラーをダウンロードします。

https://www.python.org/downloads/

Windowsマシンでこのページにアクセスすると以下のように、自動的に最新版のWindows版インストーラーのリンクボタンが表示されます。このボタンをクリックしてください。

python download site latest

適当な場所(デスクトップなど)に「保存」してください。このように保存しておくと、万が一再インストールが必要になっても再度ダウンロードしないで済みます。

windows installer save

2. インストーラーの実行

ダウンロードが完了したら、ブラウザの下の表示が変わるので、「実行」ボタンをクリックします。

windows installer run

3. インストールの開始

以下のようにインストーラーが起動するので、「Install launcher for all users (recommended)」だけチェックした状態で、「Install Now」ボタンをクリックします。

windows installer dialog

「Add Python 3.7 to PATH」はチェックしないでください

ここをチェックするのは、コマンドプロンプトでPythonコマンドを利用したい場合だけにしてください。最近ではpyコマンド(py.exe:Pythonランチャー)の方が、バージョンの切り替えが出来るなど、使い勝手が良い場合が多いです。逆に、ここをチェックしてパスが通ると混同する場合もあるので、ここはチェックしないでくださいデフォルトもチェックなしになっています)。

以下のようなセキュリティ確認画面が表示されたら、「はい」をクリックします。

windows installer warning

4. インストールの終了

以下のように、「Setup was successful」と画面に表示されたら、インストール完了です。「Close」ボタンをクリックして終了します。

windows installer finish

IDLEの起動方法(Windows)

1. IDLEの起動

Pythonをインストールすると、Windowsの「スタート」メニューに「Python3.x」グループが追加されます。下の図は、Python3.7をインストールした状態です。ここで、「Python3.7」グループから「IDLE (Python 3.7 32-bit)」を選択します。

win idle start

IDLEが起動し、以下のようなシェル(Shell)ウィンドウPythonのバージョンが表示されます。

win idle shell

IDLEの起動確認はここまでで大丈夫です

Pythonプログラミング通信講座の準備で、IDLEの起動確認だけ行う場合はここまでで大丈夫です。ウィンドウを閉じて終了ください。

2. コードの入力と実行

コードはプロンプト(>>>)のあとに入力します。試しに、print("Hello!") と入力してください。

Enterキーを押すとコードが実行されます。ここでは、Hello! と表示されます。

win idle code

続けてコードを実行するには、最下行のプロンプト(>>>)のあとに新しいコードを入力します。このように、1行ずつコードを入力して実行する方式を、「対話モード(インタラクティブモード)」と呼びます。

IDLEにはエディタ機能も備わっており、ファイルにコードを保存して実行することもできます。ただし、学び始めは、対話モードがオススメです。対話モードは、すぐに結果を確認できるので、試行錯誤しながら学習できるからです。

エディタ機能も含めた基本的な使い方は、以下のページが参考になります。

Pythonをインストールしたら、IDLEという開発環境で早速プログラミングを始めてみます。IDLEはシンプルな開発環境であり、Pythonと一緒にインストールされるのですぐに使用できます。 P…

3. IDLEの終了

以下のようにFileメニューからExitを選択して終了します。

win idle exit

Pythonのインストール方法(Mac)

1. インストーラーのダウンロード

以下のPython公式サイトから、Pythonの最新版のインストーラーをダウンロードします。

https://www.python.org/downloads/

Macでこのページにアクセスすると以下のように、自動的に最新版のMac版インストーラーのリンクボタンが表示されます。このボタンをクリックしてください。

python download site mac

2. インストーラーの実行

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたpkgファイルを実行します。下の図のようにSafariの場合は、ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードしたpkgファイルが表示されるので、ダブルクリックして実行します。

mac installer run

3. インストールの開始

以下のようにインストーラーが起動するので、「続ける」ボタンをクリックします。

mac installer dialog 1

以下の「大切な情報」が表示されたら、同様に「続ける」ボタンをクリックします。

mac installer dialog 2

以下の「使用許諾契約」が表示されたら、同様に「続ける」ボタンをクリックします。

mac installer dialog 3

以下のように許諾への同意を求められたら、「同意する」ボタンをクリックします。

mac installer dialog 4

以下のようにインストール画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックします。

mac installer dialog 5

以下のようなダイアログが表示されるので、Macのユーザー名とパスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

mac installer dialog 6

以下のようにインストールが開始します。

mac installer dialog 7

4. インストールの終了

以下のように、「〜 was successfully installed.」と画面に表示されたら、無事インストール完了です。「閉じる」ボタンをクリックして終了します。

mac installer finish

IDLEの起動方法(Mac)

1. IDLEの起動

Pythonをインストールすると、「アプリケーション」フォルダに「Python 3.x」というフォルダが作成されます(ここの場合は、「Python 3.7」)。以下のように、FinderでそのフォルダにあるIDLE.appをダブルクリックするとIDLEが起動します。

mac idle run

IDLEが起動し、以下のようなシェルウィンドウが表示されます。

mac idle shell

2. コードの入力と実行

コードはプロンプト(>>>)のあとに入力します。試しに、print("Hello!") と入力してください。

Enterキーを押すとコードが実行されます。ここでは、Hello! と表示されます。

mac idle code

続けてコードを実行するには、最下行のプロンプト(>>>)のあとに新しいコードを入力します。このように、1行ずつコードを入力して実行する方式を、「対話モード(インタラクティブモード)」と呼びます。

IDLEにはエディタ機能も備わっており、ファイルにコードを保存して実行することもできます。ただし、学び始めは、対話モードがオススメです。対話モードは、すぐに結果を確認できるので、試行錯誤しながら学習できるからです。

3. IDLEの終了

以下のようにIDLEメニューからQuit IDLEを選択して終了します。

win idle exit