Windows10は18ヶ月ごとに大型アップデートが実施されます。Homeエディションでは、サービス終了日が近づくと、勝手に新しいバージョンがインストールされることがあります(Pro版では延期できます)。

Windows ライフサイクルのファクト シート(マイクロソフト)

そうなると、困るのがディスクの肥大化です。以前のバージョンのファイルが保持されるからです。本来は、何かしら不具合があった時に、ロールバックするのに必要なファイルですが、タブレットでは容量の方が深刻な問題のため、割り切ってすぐにディスククリーンアップを実行しています。

Cドライブの容量不足は「WinSxS」フォルダーの肥大化が原因?(@IT)

しかし、システムファイルのディスククリーンアップはなぜか途中でよく止まります。そこで、当社ではシステムファイルのクリーンアップにはDISMコマンドを使用するようにしています。忘れた頃に必要となるので、社内の忘備録も兼ねてまとめておきました。

DISMとは

Deployment Image Servicing and Management(DISM)とは、Windowsイメージをコマンドで構成できるツールです。コマンドプロンプトまたはPowerShellから実行します。パッケージやドライバを追加・削除したり、Windowsの機能を有効・無効にできるなど、OSイメージの部分に関わる操作が可能です。

DISMコマンドを利用したクリーンアップの方法は以下のサイトに詳しく説明されています。

WinSxS フォルダーのクリーンアップ(マイクロソフト)

以前のバージョンはさっぱりと削除したいので、以下のように/ResetBaseオプションを付けて管理者権限のコマンドプロンプトで実行しています。

Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase

以下のように、進捗状況が表示されるので助かります(GUIのディスククリーンアップは、動いているのか止まっているのか、判りづらい!)。

dism clean up

DISMコマンドは、OSイメージを構成できるツールですので、使用する場合はくれぐれも慎重に実行してください。自信がない場合は実行しないでください。