よくあるご質問

Pythonプログラミング通信講座について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。

講座内容に関するご質問

Q. 自分で独学した方が早いと思うのですが。

プログラミング学習の王道は、昔から独学です。多少苦労しても、回り道をしながら得たスキルは盤石です。最近Pythonに関する書籍は多く出版されていますので、時間的に余裕がある方はまず独学にトライしてみるのも良いと思います。時間的に余裕がなく、目的がオフィスワークの自動化であれば、本講座が効率的です。どちらが向いているかは、個人差がありますので、まず以下のような書籍をご覧になり、独学できそうかを検討されることをお勧めします。

・独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
・退屈なことはPythonにやらせよう―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

Q. カリキュラムの日程を教えてください。

お申し込み完了後に、初回配信までにカリキュラムの日程表を電子メールで送信いたします。初回配信までに届かない場合は、恐れ入りますが、こちらよりお申し付けください。

Q. とても30分では学習できません。

カリキュラムの日程のなかで、どうしても学習内容によっては、30分を超過してしまう場合がございます。そのため、簡単に学習できる内容も、日程のなかにおり混ぜるようにしていますので、何卒ご理解をいただきたく存じます。わからないところはご質問いただけますので、最後まで継続してスキルを獲得されるようお願いいたします。

受講に関するご質問

Q. 開始日になってもメールが届きません。

ご不便をかけて申し訳ございません。まず、迷惑メールに分類されていないかをご確認願いします。迷惑メールに分類されてしまっている場合は、信頼先のリストに追加するなどにより、今後メールを確認できるようにしてください。メールがどこにもない場合は、再度送信させていただきますので、お手数をかけ申し訳ございませんが、こちらのお問い合わせフォームでお知らせください。

Q. 質問はできますか。

お気軽にご質問ください。メールに記載されている専用のフォームをご利用できます。学習内容を受信したメールに返信していただいても大丈夫です。いただいた質問は、ほかの受講者の方々とも共有するために、本サイトに掲載させていただく場合がございます。何卒ご了承願います。

Q. オフィスのソフトがないので、ファイルの内容を確認できません。

本講座では、オフィス御三家(エクセル、ワード、パワーポイント)のファイルを扱います。正しくプログラミングできたかは、処理したファイルを開いて確認します。パソコンにオフィスがインストールされていれば、すぐに確認できますが、オフィスがない場合は、無料のMicrosoft Office Onlineを利用して確認できます。ご利用方法は以下のサイト等をご参考ください。

・『Office Online』マイクロソフトから提供する無料の Office!(Hatena Blog)

Q. 参考書や副読本は購入した方が良いですか。

書籍は1冊は持っていた方が良いです。受講後に自分でプログラミングする際、リファレンスとして利用できる書籍があると重宝するからです。受講中から利用すれば、記載箇所を把握できます。必要な情報は、大抵はネットで探すことができますが、付帯する情報も同時に確認できるので、書籍もあった方が良いです。少々厚い本ですが、広範囲をカバーしている以下の書籍が使いやすくオススメです。

・退屈なことはPythonにやらせよう―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング
・入門 Python 3

決済等に関するご質問

Q. 領収書はいただけますか。

お申し込み時の決済が完了すると、すぐにカード決済会社(Stripe社)から領収書が電子メールで送信されます。プリントアウトしてご利用ください。もしも電子メールが届かない場合には、お手数をかけ申し訳ございませんが、こちらまでお問い合わせください。